• ¥1,300

発行者による作品情報

不安な夜も、孤独な朝も。
愛を信じられるようになりたい――。

【〝あの日〟の自分を思い出して涙が止まらない(28歳女性)】
【最後の言葉に救われました(19歳女性)】

SNSフォロワー22万人超!
恋愛ツイート等で若い女性たちの共感を集める
夏生さえりさん、2年ぶり待望のエッセイ集!
WEBマガジン「幻冬舎plus」大人気連載書籍化。

* * * * * * * * * *

あの靴が
似合わなくなったのは、
いつからだろう――。

20代後半。
着られなくなった服。
好きになれなくなったもの。
恋ってなんですか。
愛ってなんですか。
変わりゆく心と
向かいあった日々の先で、
彼女はひとつの答えに
たどり着く……。

みずみずしい感性と文体で
新時代の書き手が赤裸々に綴った、
悩める女性たちに贈るメモワール・エッセイ。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2019
9月18日
言語
JA
日本語
ページ数
111
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
10
MB

夏生さえりの他のブック