• ¥540

発行者による作品情報

数学はもっと人間のためにあることはできないのか。最先端の数学に、身体の、心の居場所はあるのか――。身体能力を拡張するものとして出発し、記号と計算の発達とともに抽象化の極北へ向かってきたその歴史を清新な目で見直す著者は、アラン・チューリングと岡潔という二人の巨人へと辿り着く。数学の営みの新たな風景を切りひらく俊英、その煌めくような思考の軌跡。小林秀雄賞受賞作。(解説・鈴木健)

ジャンル
科学/自然
発売日
2018
5月1日
言語
JA
日本語
ページ数
166
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
4.1
MB

森田真生の他のブック