• ¥800

発行者による作品情報

30年以上の永きにわたって読み継がれた好著が、装いを新たに登場。松下電器を興し日本を代表する巨大企業に成長させた経営者、松下幸之助。本書はそんな彼が経営者として永年の体験をもとに、古今東西の事例を交えながら、組織を率いる者のあるべき姿を説いたものである。「指導者は人、物すべての価値を正しく知らねばならない」「指導者は一面部下に使われるという心持ちを持たねばならない」「指導者は時には何かの権威を活用することも大事である」「指導者には一つの指導理念がなくてはならない」など――日本史上の名君、古代中国の英雄、思想家、近代の世界の政治家らの言行から、著者自身も絶えず反省、検討し繰り返し見出した「指導者の条件」を示す。著者は「本書は自分の勉強のための教科書のようなものであり」(まえがきより)とも言っている。企業や組織のトップのあり方が、改めて問われている今だからこそ読みたい、座右の書となる一冊。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2012
12月2日
言語
JA
日本語
ページ数
182
ページ
発行者
PHP研究所
販売元
PHP Institute, Inc.
サイズ
729
KB

カスタマーレビュー

NAKAYAま

早急な改善を

iOS7にアップデートしてからテキストが表示されない。
85円のアプリでも対応しているというのに、この金額で販売しているにも関わらず、
3日経っても対応されない企業の姿勢が残念。

この書籍だけではなく、『道をひらく』なども閲覧不能。モリサワ対応の書籍は全滅。

内容は素晴らしいが、リリース企業の姿勢が最悪。
また、読めない書籍は評価に値しない。費用だけ取られているのだから★一つでも多い。マイナス評価。

松下幸之助の他のブック