日本史の探偵手‪帳‬

    • 4.0 • 5件の評価
    • ¥680
    • ¥680

発行者による作品情報

いまの日本と日本人の問題を歴史的につきつめていくと「江戸時代のこと」を考えざるをえなくなる。戦国時代の最強教育、殿様のベストセラー本、乃木希典の理想の軍人像……当代随一の歴史学者が、好奇心の赴くままに古文書を徹底調査。膨大な近世の古文書から、新時代を生き抜く知恵と人生において本当に大切なことを伝える。


【目次】

まえがき


第1章中世の武士と近世の武士の違い

江戸から読み解く日本の構造/大失業時代は幕末武士に学べ/サムライ時代のエコノミクス他


第2章歴史を動かす英才教育

幸村の天才軍略遺伝子武田+上杉+秀吉の知謀を引き継いだ男/くの一は江戸時代のハニートラッパーだった/明治維新を起こした奇才頼山陽他


第3章古文書を旅する

「震災離婚」事始め/江戸の「会いに行けるアイドル」/イケメン大名の悲劇/幕末の男性不妊治療他


第4章歴史を読む

家康のコイを食った男/将軍が愛したウナギ/西郷隆盛が古文書偽造!?他


初出一覧

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
1月4日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.2
MB

磯田道史の他のブック

2003年
2015年
2017年
2013年
2013年
2014年

カスタマーはこんな商品も購入

2021年
2019年
2019年
2018年
2020年
2015年