無私の日本‪人‬

    • 4.6 • 16件の評価
    • ¥630
    • ¥630

発行者による作品情報

映画「殿、利息でござる!」の原作。

清廉な生き方を貫いた三人を、歴史の中から掘り起こした感動作。

穀田屋十三郎-伊達藩の貧しい宿場町に生まれた商人。同志をあつめて一家離散を覚悟で大金を集め、それを伊達藩に貸し付けて、その利息で、滅びようとする郷里を救おうと奔走。

中根東里-江戸時代を通じて空前絶後の詩才の持ち主ながら、栄達を求めず、極貧のうちに村儒者として死す。

大田垣蓮月-津藩家老の娘として京都の花街に生まれた絶世の美女。家庭に恵まれず、尼僧として京都郊外に庵をむすび、当代一流の文人墨客と交流。

大ヒット映画「武士の家計簿」に続き、気鋭の歴史家が描く日本人の誇るべき美徳。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2015年
6月10日
言語
JA
日本語
ページ数
384
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
723.2
KB

カスタマーレビュー

leoyampoppo

多くの人に知ってほしい隠れた偉人たち

どこにも載っていない、歴史に埋もれた偉人達を、本書は見事に発掘してくれた。久々に、心洗われた気がした。

磯田道史の他のブック

2003年
2017年
2013年
2013年
2014年
2019年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2017年
2019年
2019年
2021年
2020年