昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未‪来‬

    • 5.0 • 2件の評価
    • ¥2,000
    • ¥2,000

発行者による作品情報

「現代社会を深く考えるための必読書」――養老孟司
「ダイアモンド文明論の決定版的集大成」――福岡伸一

■600万年におよぶ人類の進化の歴史のなかで、国家が成立し、文字が出現したのはわずか5400年前のことであり、狩猟採集社会が農耕社会に移行したのもわずか1万1000年前のことである。長大な人類史から考えればこの時間はほんの一瞬にすぎない。では、それ以前の社会、つまり「昨日までの世界」の人類は何をしてきたのだろうか?
■領土問題、戦争、子育て、高齢者介護、宗教、多言語教育……人類が数万年にわたり実践してきた問題解決法とは何か? ピュリツァー賞受賞の世界的研究者が、身近なテーマから人類史の壮大な謎を解き明かす、全米大ベストセラーの超話題作!

「本書はひとりひとりの人生や生活、日々の選択といった個人の興味関心に直接関係するテーマを扱っており、私の著作のなかではもっとも生活に身近な内容になっている」(「日本語版への序文」より)

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2013年
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
416
ページ
発行者
日経BP
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
10.6
MB

ジャレド・ダイアモンド & 倉骨彰の他のブック

2014年
2014年
2020年
2020年
2019年
2014年

カスタマーはこんな商品も購入

2019年
2015年
2015年
2015年
2014年
2018年