昭和二十年夏、女たちの戦争 昭和二十年夏、女たちの戦争
昭和二十年夏シリーズ

昭和二十年夏、女たちの戦‪争‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥730
    • ¥730

発行者による作品情報

人生で最も美しい時を戦時下で過ごした5人の女たち。作家・近藤富枝、評論家・吉沢久子、女優・赤木春恵、元JICA理事長・緒方貞子、作家、評論家・吉武輝子。彼女たちには、明日の見えない日々でさえも、その日常には青春の輝きがあった。妻でもなく、母でもなく、ただの若い女性だった彼女たちは、あの戦争をどのように生き抜いたか。大宅壮一ノンフィクション賞受賞の作家が綴った、あの戦争の証言を聞く。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012年
7月25日
言語
JA
日本語
ページ数
199
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
3.9
MB

梯久美子の他のブック

硫黄島 栗林中将の最期 硫黄島 栗林中将の最期
2015年
この父ありて 娘たちの歳月 この父ありて 娘たちの歳月
2022年
狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ― 狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ―
2019年
昭和二十年夏、僕は兵士だった 昭和二十年夏、僕は兵士だった
2011年
昭和二十年夏、子供たちが見た戦争 昭和二十年夏、子供たちが見た戦争
2013年
原民喜 死と愛と孤独の肖像 原民喜 死と愛と孤独の肖像
2018年

このシリーズの他のブック

昭和二十年夏、子供たちが見た戦争 昭和二十年夏、子供たちが見た戦争
2013年
昭和二十年夏、僕は兵士だった 昭和二十年夏、僕は兵士だった
2011年