• ¥330

発行者による作品情報

大量のデータが溢れる現代社会では、
さまざまな事象を数字で捉え、本質を導き出す統計学という手法、
あるいは統計的な思考法は、
あらゆる分野で使える汎用の武器であり、
すべてのビジネスマンにとって必須のスキルとなった。

しかし、統計学に数学的な理解は不可避で、
“文系人間”には敷居が高い。
食わず嫌いを克服し、書店で統計学の“入門書”を手に取ったものの、
その難解さに匙を投げた人も多いはずだ。

そこで、数字が苦手な文系ビジネスマンでもわかる、統計分析の基本中の基本や、
上司や取引先に「イエス」と言わせる数字やグラフの扱い方などのほか、
ライトノベル風のストーリー仕立て(その名も「俗説バスター・統山計子」)で、
インチキ統計やニセ科学にだまされないための統計的思考の鍛え方などの記事も用意。

『統計学が最強の学問である』(西内啓著/ダイヤモンド社刊)の副読本としても
利用してほしい。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2013
5月30日
言語
JA
日本語
ページ数
66
ページ
発行者
ダイヤモンド社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
9
MB

清水量介, 鈴木崇久, 深澤献, 藤田章夫 & 週刊ダイヤモンド編集部の他のブック