• ¥610

発行者による作品情報

自分の戦法を将介に見破られた大原だが、それでも次ぎの手を指すべく右手を駒へ進めた。大原は震えだした右手を左手でつかんだが、そこに脈を感じることができなかった。そこへ、大原の孫が現われる。生きたいと強く願った大原は、戦法を変え、将棋を指し続けることを選んだ。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1995
6月30日
言語
JA
日本語
ページ数
203
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
58.6
MB

能條純一の他のブック

このシリーズの他のブック