• ¥950

発行者による作品情報

武士はいつ、どこで、生まれたのか? 七世紀ものあいだ日本を統治してきた彼らのはじまりについては、実ははっきりとした答えが出ていない。かつて教科書で教えられた「地方の富裕な農民が成長し、土地を自衛するために一族で武装し、武士となった」という説はでたらめで、都の武官から生まれたという説は確証がなく、学界は「諸説ある」とお茶を濁す。この日本史における長年の疑問を解消するために、古代と中世をまたにかけ、血統・都鄙・思想に着目し、武士の誕生の秘密を明らかにする。

ジャンル
歴史
発売日
2018
11月10日
言語
JA
日本語
ページ数
341
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4
MB

桃崎有一郎の他のブック