• ¥880

発行者による作品情報

歴史のよもやま話から悪ガキ時代を描く自伝的エッセイまで。

2021年1月に亡くなった、半藤一利さんの最後の著作には「人生の愉しみ方」が詰まっている。


昭和史最良の語り部、半藤さんの遺した、昭和から現代まで!


第一章昭和史おぼえ書き

第二章悠々閑々たる文豪たち

第三章うるわしの春夏秋冬

第四章愛すべき小動物諸君

第五章下町の悪ガキの船出

第六章わが銀座おぼろげ史

ジャンル
歴史
発売日
2021
2月19日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
960.6
KB

半藤一利の他のブック