発行者による作品情報

未定稿のまま死後発見された童話。昭和2年ごろの作と推定されている。初出『宮沢賢治全集』第三巻(文圃堂、昭和9年)。貧しいジョバンニと友人を助けるために死んだカムパネルラ、二人の少年は銀河鉄道に乗って幻想的な宇宙を旅する。青空文庫収録の、新潮文庫版と角川文庫版には、別表に示す相異がある。「銀河鉄道の夜」

ジャンル
小説/文学
発売日
1993
6月16日
言語
JA
日本語
ページ数
70
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
5.6
MB

カスタマーレビュー

なおぴのりぴ

秀作

本当の幸せを追求した二人の終着は別々の場所だった。ジョバンニは現実の世界に戻り、カンパネルラは消え去った(友達を救う代わりに自分が死ぬ)

幸せの太陽

不思議な世界

まるで自分もその世界を旅しているかの様で小気味良いなあ

YUI RIN

とても感動するいい作品です!

ジョバンニの気持ちや、カムパネルラがいなかった時のジョバンニの切なさ、悲しみがとても伝わった!

宮沢賢治の他のブック