発行者による作品情報

「よだかの星」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の詩人、童話作家である宮沢賢治の児童小説。醜い鳥であるよだかは、皆から悪口を言われ、鷹からは「改名しないと殺す」と言われる。エサである羽虫を殺すのが辛くなったよだかは、ある決心をする…。孤絶を描いた非常に重い作品。

ジャンル
小説/文学
発売日
1993
6月16日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.5
KB

カスタマーレビュー

16724508

切ない

切ない想いがたくさんでした

らぶらぶらーぶ

間違いなく

自分の人生の中で一番好きな本物語です

arc-m

小学校のとき

授業で読んだのを思い出して、ふたたび読んでみました。やはり、味わい深く響く作品でした。

宮沢賢治の他のブック