発行者による作品情報

「よだかの星」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の詩人、童話作家である宮沢賢治の児童小説。醜い鳥であるよだかは、皆から悪口を言われ、鷹からは「改名しないと殺す」と言われる。エサである羽虫を殺すのが辛くなったよだかは、ある決心をする…。孤絶を描いた非常に重い作品。

ジャンル
小説/文学
発売日
1993
June 16
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.5
KB

カスタマーレビュー

なおぴのりぴ

名作

よだかの生きざまが素晴らしい。ある意味で自分もこうありたいと思う作品です。宮沢賢治の生きざまもこうであったか❓

ぶらすじいさん

良い本です。

短いながら、真っ直ぐに刺さる話でした。

ポンポンポーン。

朝から泣いてしまった

いつの時代であっても、こんなにも綺麗で強い文章は人の心に在り続けるのだな、と思いました。大好きです。

宮沢賢治の他のブック