発行者による作品情報

明治時代のドイツ語作家日記および恋人、小説短編フランツ・カフカの文学。『変身』は底本の「「世界文学大系58 カフカ」筑摩書房」では「文学・古典」としてまとめられている。本書で登場するのは、「章I~III」が収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1964
4月11日
言語
JA
日本語
ページ数
95
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
61.8
KB

カスタマーレビュー

*aqua marine*

無料であるとは!!

あらすじを見てずっと気になっていた本が、まさか無料で読めるとは思いませんでした!!!!

凄く面白いお話です。
おすすめします。

♪───O(≧∇≦)O────♪(笑

理解出来ていないのだが…

著者カフカはこれを笑いをこぼしながら読んだと言われているが、私にはその様な知性もユーモアが無く、理解に及ばなかった。

:R30:

へえ

あっさりとしていて、かつ、むごたらしい。
読後の気分が悪い話は嫌い。

Franz Kafka & 原田義人の他のブック