発行者による作品情報

この作品は明治・昭和時代の日本の詩人、童話作家である宮沢賢治の児童小説。音楽会の練習をするセロ弾きのゴーシュだが楽長に下手だと叱られてしまう。毎夜、ゴーシュの家にやって来る動物たち…。「だってぼくのおとうさんがね、ゴーシュさんはとてもいい人でこわくないから行って習えと言ったよ」。動物たちとの交流を通して、音楽的だけでなく人間的にも成長していく様子が微笑ましい。

ジャンル
小説/文学
発売日
1894
12月31日
言語
JA
日本語
ページ数
21
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
17.7
KB

宮沢賢治の他のブック