発行者による作品情報

『鼻』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説」としてまとめられている。初出は「新思潮」1916(大正5)年2月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1990
9月25日
言語
JA
日本語
ページ数
11
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
13.4
KB

カスタマーレビュー

<<<<じょ

結局は…

結局は長年共にしてきた自分の顔が一番安心する。それが醜くても。

けーたんご

伏線残すもスッキリ!痛快コメディー!

最後は着実に伏線を残しつつも、案外スッキリとした終わり方でした。芥川龍之介さんの絶妙な手法が、読者の目を釘付けにします。

備品整理票

みごと

人の心の微妙な動きを見事に表現してくれて、面白くもあり、勉強にもなった。その表現力をほんの少しでもいいので分けてほしい。

芥川龍之介の他のブック