発行者による作品情報

『杜子春』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1924年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
17
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
21.7
KB

カスタマーレビュー

リンダ姫

心にしみるストーリー

幸せとは何か、人間の欲と真の幸せの対比を感じさせる内容

ིྀリンゴིྀ🧃🥞

ふへへ(΄◉◞౪◟◉`)

て か さ ぁ 、 読 書 感 想 文 

だ る く ね ? 笑  😂

中 1 な ん や け ど 、 小 学 校

の よ り 、 ち ょ い む ず っ て

か ん じ ! 笑 笑

う ち 宿 題 終 わ ら ん 😇😇

明 日 か ら 学 校 や ね ん 🥺

お わ た や ね ! 笑 笑

自 学 の ー と っ て や つ が

あ っ て ね ? そ れ も ま だ

2 ぺ ー じ く ら い で す 😇😇

暇 す ぎ て 勉 強 も だ る し 🥺

と り ま 、 勉 強 せ ん と ! 🙄

た い よ う く ん ! ☀️☀️

こ ん ち く わ ぁ !! ☀️😇

こ い つ 馬 鹿 で や ん す 🙌🏻

06 ~ 09 の 子 と 繋 が り た い ~

ん あ 、 生 ま れ た 年 な !

06 だ っ た ら 2006 っ て 事 !

国語科 2年

感想

結局は普通が1番いいのか〜
それに気づくことは贅沢をすればするほど難しいってことなのかな、、
最後に書かれる、桃の花は気になるな、
人間の本質は光であると芥川が思っていた出発期とか高陽期に書かれたものだろうなと解釈した。

芥川龍之介の他のブック

1919年
1922年
1990年
1999年
1928年
2015年