発行者による作品情報

明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。『蜘蛛の糸』は底本の「「芥川龍之介全集2」ちくま文庫、筑摩書房」では「評論・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~三)」などが収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1922
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
1.8
MB

カスタマーレビュー

あああrty

いい

自称読書家

とてもよかった

考え方もとてもいいと思うし感じられることが沢山ある!
これを読んでこれからの行動なども見直すことができる
現世 極楽 地獄 この3つの世界の物語は誰でも自分に当てはめれるので話に引き込まれる
とてもいい作品だと思う

GOやまだ

良き良き。

学生時代の思い出を懐かしく読み返し。
ありがとうございます。

芥川龍之介の他のブック