発行者による作品情報

明治時代のは日本の小説家、評論家、英文学者夏目漱石。本名、金之助(きんのすけ)。『吾輩は猫である』は底本の「「夏目漱石全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~十一)」などが収録されている。初出は「ホトトギス」1905(明治38)年1月~8月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1909
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
610
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
5.3
MB

カスタマーレビュー

gooddesignedapps

面白かったです

古風な言葉で、面白い表現がたくさんあり、とても楽しんで読みました。面白いというよりも滑稽と言った方が合うかもしれません。余裕派と呼ばれた理由が分かるような作品でした。

うきのかね

夏目先生を愚弄するやっつけ仕事

ページが変わると文章が抜けて始まるのが所々。数文字ならある程度続きを想像出来るのでまだいい。ラストに至っては最後までまるごと無い。

chonmaru17

とにかく

話が長過ぎるし、表現がまわりくどくすぎて、なかなか読み進めなかった。
可愛げのないネコが人の容姿など色々な悪口ばかりつぶやいていて、あまり好きになれない。

夏目漱石の他のブック