発行者による作品情報

明治時代のは日本の小説家、評論家、英文学者夏目漱石。本名、金之助(きんのすけ)。『吾輩は猫である』は底本の「「夏目漱石全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~十一)」などが収録されている。初出は「ホトトギス」1905(明治38)年1月~8月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1909
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
610
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
5.3
MB

カスタマーレビュー

トロンボーン愛好家

林先生のお勧め

読んでみます!

gooddesignedapps

面白かったです

古風な言葉で、面白い表現がたくさんあり、とても楽しんで読みました。面白いというよりも滑稽と言った方が合うかもしれません。余裕派と呼ばれた理由が分かるような作品でした。

ヌード最高

賑やか

いろんな登場人物が出てきて、いろんなことを言っていて、賑やかで面白かった。古い時代に野球が出てきて、滑稽だった。

夏目漱石の他のブック