発行者による作品情報

昭和時代の日本の作家、生于日本青森縣、日本無賴派小說家太宰治。「日语:だざい おさむ、英语:Dazai Osamu、1909年6月19日-1948年6月13日」、本名津島修治(津島 修治/つしま しゅうじ Tsushima Shūji)は底本の「太宰治全集8」では「日本の小説・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」の3つ。初出は「展望」筑摩書房 1948年(昭和23年)6~8月号。

ジャンル
小説/文学
発売日
1952
6月2日
言語
JA
日本語
ページ数
125
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
1
MB

カスタマーレビュー

今郎

素晴らしい!

素晴らしい!

m(gjmt'm('tedjdt

15年ぶりに本を読みました

久しぶりに本を読みましたが有名なものというのもあってとても興味深かったです
次は別の作品も読んでみようと思います

yuukona

何かを信じることの大切さを感じた

全てのものを疑ってしまう事は誰にだってあると思うが、信じ続ける事が大切なのだと感じました。
葉ちゃんは自分自身も疑っているように見えました。
疑ってしまっても、不確定なものだとしても信じて生きることで惑わされないで生きることが出来るのではないかなと思いました。
私自身も葉ちゃんのように疑ってしまう心が多くあるのですが、何かを強く信じて見ようと思いました。

太宰治の他のブック