発行者による作品情報

昭和時代の日本の作家、生于日本青森縣、日本無賴派小說家太宰治。「日语:だざい おさむ、英语:Dazai Osamu、1909年6月19日-1948年6月13日」、本名津島修治(津島 修治/つしま しゅうじ Tsushima Shūji)は底本の「太宰治全集8」では「日本の小説・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」の3つ。初出は「展望」筑摩書房 1948年(昭和23年)6~8月号。

ジャンル
小説/文学
発売日
1952
6月2日
言語
JA
日本語
ページ数
125
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
1
MB

カスタマーレビュー

48歳の感想

人間とは(50歳間近で読む)

若い頃、文学小説には何も思い入れがなかったのですが、50歳間近になって読むと感じ方が違います。
昨今の世の中に対する俯瞰した視点としても得心するところもあるのですが、そればかりではない人間の普遍性として勉強になります。
それでも、人は愛すべきか、忌避すべきか。
それは、人それぞれだと思いますが、経験出来ない事を読み物として疑似体験出来たのは人生のプラスだと思います。

くかかかかかかかか

なだ

中1でも重ロッピー

めひかん

わら

るや^_^
^ ^^_^わらわらわらゎーわ「らわらわらわよ、

太宰治の他のブック