人間失‪格‬

    • 3.9 • 7,692件の評価

発行者による作品情報

昭和時代の日本の作家、生于日本青森縣、日本無賴派小說家太宰治。「日语:だざい おさむ、英语:Dazai Osamu、1909年6月19日-1948年6月13日」、本名津島修治(津島 修治/つしま しゅうじ Tsushima Shūji)は底本の「太宰治全集8」では「日本の小説・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」の3つ。初出は「展望」筑摩書房 1948年(昭和23年)6~8月号。

ジャンル
小説/文学
発売日
1952年
6月2日
言語
JA
日本語
ページ数
125
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
1
MB

カスタマーレビュー

プロロゴロフィ

再読

世間は個人だという真理は今の世間に対してオドオドしている自分自身に送りたい。
女と酒と薬に溺れた人間を人間失格というならば現代のスマホ、インターネットに溺れる我々はどうなのだろうか?

シム?

都会的な話

家柄がお金持ちはいいなぁ…

カッチょん

人間

にんげんとはとてもシンプルかつ残酷な生き物なんだなと感じた。この物語は面白い面白くないで区別してはいけない作品

太宰治の他のブック

1992年
1992年
1949年
1943年
2015年
1954年

カスタマーはこんな商品も購入

1918年
1993年
1909年
1928年
1919年
1922年