発行者による作品情報

初版や復刻版には「幻想怪奇探偵小説」と銘打たれているが、幻想怪奇であるのはともかく探偵小説であるかどうかは疑わしい。この物語は著者の夢野久作が「探偵小説家」に位置づけられていたため「探偵小説」のジャンルに分けられてしまったのだろうと言われている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1996
4月23日
言語
JA
日本語
ページ数
762
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
518.6
KB

カスタマーレビュー

嘛嘛丸太郎

夢野久作の真骨頂ここにあり!!!

笑いあり涙ありの超大作。ぜひ親子や恋人で読むことをお勧めします!!

ヒッピーヒッピー

メーガス三姉妹

何年かおきに無性に読みたくなる

Healthy-man

ドラグ•マグラを読んで

(ドラグ•マグラ)のタイトルが変わっているので、読んでみた。
キチガイの話で、最初から最後まで何の事かよく分からなかったが、不思議と気持ちが引き込まれて、人の気持ち、心の在り方は、自分一人の力ではなく、目に見えない何かに翻弄されて、生きている気がしてきた。

夢野久作の他のブック