発行者による作品情報

『あばばばば』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房」では「日本の小説」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1927年
12月2日
言語
JA
日本語
ページ数
12
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
14
KB

カスタマーレビュー

デジタルマスケットおじさん

面白かった

タイトルに惹かれてこの本を読みました。
読書初心者ですが、短くてとても読みやすかったです。
「あばばばば」とは一体何なのか。タイトル回収をした時はそう言う意味か。と思いました。
他にも、1900年代の初頭の情景をとても想像しやすく描写していて、とても楽しく読めました。

名塩のヨッシー

あばばばば

遠い昔、これと同じような経験して懐かしい
好きな作品です

本好き!

あばばばばば、ばぁ

心がほっこりするような、日常の何気ないお話。たまにはこういうのを読んでみるのもいいかもしれない。

芥川龍之介の他のブック

1919年
1922年
1990年
1924年
1999年
1928年