発行者による作品情報

『羅生門』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1919
11月2日
言語
JA
日本語
ページ数
11
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
1.8
MB

カスタマーレビュー

chonmaru17

強烈な光景描写

強烈な光景描写がいつまでも心に残るものの、これを名作というのか、素晴らしい作品というのか、というと、う〜ん?という感じ。

4周年おめでとう!これからも頑張れ!

面白かった

悲しい最後でした…

aya0721

凄いですね!

私は小5であんまり読めない漢字も有りましたが
芥川さんは本当に凄い人だと私は思ってます!

芥川龍之介の他のブック