発行者による作品情報

明治時代のは日本の禅僧、陸軍少尉、郵便局長、小説家、詩人、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家夢野久作。『死後の恋』は底本の「「夢野久作怪奇幻想傑作選 あやかしの鼓」角川ホラー文庫、角川書店」では「 評論・文学研究」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~六)」などが収録されている。初出は「新青年」博文館 1928(昭和3)年10月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1932年
10月2日
言語
JA
日本語
ページ数
33
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
33.9
KB

カスタマーレビュー

モリニワヤコ

そうきたか。

最後のオチに「せやな」ってなりました。完全に読めなかった展開に、最後、何故かふふっとなったのは私の思考が中の人と似ているからだろうか…普通は多分、笑わない。心理描写と情景描写で、気分が悪くなる可能性があるけどグロが平気な人なら大丈夫ですが、苦手な人は読まない方がいいです。まぁ…受け取らないよな…

夢野久作の他のブック