発行者による作品情報

明治時代のは、日本の小説家太宰治。『ヴィヨンの妻』は底本の「「ヴィヨンの妻」新潮文庫、新潮社」では「小説・エッセイ」としてまとめられている。本書で登場するのは、「第一~三」などが収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1954
12月21日
言語
JA
日本語
ページ数
35
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
30.6
KB

カスタマーレビュー

ルッチメグ

なんかシュール。

幸せとはなんだのか
なんか人間らしくて
シュールな感じだけど、
共感も出来るとこもあって
面白かった。
ダークなので飽きない。

なおぴのりぴ

面白い

フランソワ・ヴィヨン=大谷
さっちゃん=妻

太宰治の他のブック