発行者による作品情報

『人生』は、日本の小説家、評論家、英文学者夏目漱石。本名、金之助(きんのすけ)。この作品は底本の「「「現代日本文學大系17 夏目漱石集(一)」筑摩書房」では「評論・文学研究」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1972
10月26日
言語
JA
日本語
ページ数
8
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
12.5
KB

カスタマーレビュー

しゅん二

むずかしい

意味わからぬ。

どうのすけ

意味わからぬ、しかし…

やや読みにくいですが、なにか有難いことが書いてありそうな文章です。

なんでも初期の漱石作品をよく理解するには漢詩だか漢籍だかの知識が必須であるそうです。

とりあえず
「他人を批判するときには自分の愚かさを忘れる…」
うんぬんの箇所はこころに留めておいて損はしないでしょう。

mh-exilefamily

人生を読んで

非常に面白かったです。文章自体の言葉は難しかったですが、現代の日本人が必ず読むべき一冊だと思います。

夏目漱石の他のブック