• ¥500

発行者による作品情報

●プロのナレーターによる朗読音声付書籍


“みんなの幸のためならば、

僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない”


星祭の夜、いつのまにかジョバンニは、天の川を走る小さな列車に乗っていた。前の席には幼なじみのカムパネルラが座っていて、黒曜石でできた地図を眺めている。


─もうじき白鳥の停車場だよ ─

少年たちの星をめぐる物語。1924年、賢治28歳の頃執筆され、以降、晩年まで繰り返し推敲が続いた『銀河鉄道の夜』。死後、未発表の形で遺されたこの名作の最終稿を忠実に音声ドラマ化。全編ノーカットでお届けします!


一部、エスペラント語の併読、ピアノとハープを用いた『星めぐりの歌』を挿入歌として収録するなど、賢治好き制作陣による意欲作!


総勢14名の出演キャストによる臨場感たっぷりのオーディオ舞台!!!

宮沢賢治の素敵で詩的な感性を音にしました。

「銀河鉄道の夜 ~Nokto de la Galaksia Fervojo~」

ファンタジックな銀河の旅をどうぞ心ゆくまでお楽しみください!


<目次>

一、午后の授業

二、活版所

三、家

四、ケンタウル祭の夜

五、天気輪の柱

六、銀河ステーション

七、北十字

八、プリオシン海岸

九、鳥を捕る人

十、ジョバンニの切符

十一、船の遭難者

十二、姉弟と苹果

十三、信号手

十四、蝎の火

十五、サウザンクロス

十六、約束

十七、カムパネルラ

歌『星めぐりの歌』 + キャスト紹介 

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
11月15日
言語
JA
日本語
ページ数
71
ページ
発行者
パンローリング株式会社
販売元
Pan Rolling Inc.
サイズ
143.1
MB

宮沢賢治の他のブック