• ¥3,200

発行者による作品情報

宮崎駿、富野由悠季、押井守――戦後アニメーションの巨人たちの可能性と限界はどこにあったのか? 宮崎駿論4万字、富野由悠季論10万字、押井守論10万字の作家論を中核に、アニメから戦後という時代の精神をいま、総括する。そして『シン・ゴジラ』『君の名は。』『この世界の片隅に』――現代のアニメ・特撮が象徴するさまよえるこの国の想像力はどこにあるのか? 『ゼロ年代の想像力』『リトル・ピープルの時代』とその射程を拡大してきた著者の新たな代表作にして、戦後サブカルチャー論の決定版。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2017
10月31日
言語
JA
日本語
ページ数
512
ページ
発行者
集英社/集英社文芸単行本
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1.5
MB

宇野常寛の他のブック