• ¥780

発行者による作品情報

日本の仏教はさまざまな宗派に分かれており教義や実践方法が大きく異なる。にもかかわらず多くの人、とくに地方から都会に出て菩提寺とのつきあいを絶った人は関心を持たない。だが親や親戚の葬儀を営む段になって途端に宗派を気にするようになる。家の宗旨に合った僧侶を導師として呼ばねばならないからだ。そこで初めて「うちは◯◯宗だったのか」と知る。そもそも宗派とは何か。歴史上どのように生まれたのか。本書は、日本の主な仏教宗派を取り上げ、その特徴、宗祖の思想、教団の歩み、さらに他宗派との関係、社会的影響をわかりやすく解説した話題作。

ジャンル
宗教/スピリチュアル
発売日
2012
12月19日
言語
JA
日本語
ページ数
184
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.5
MB

島田裕巳の他のブック