• ¥760

発行者による作品情報

日本人の葬儀費用は平均231万円。これはイギリスの12万円、韓国の37万円と比較して格段に高い。浪費の国アメリカでさえ44万円だ。実際、欧米の映画等で見る葬式はシンプルで、金をかけているように見えない。対して我が国といえば巨大な祭壇、生花そして高額の戒名だが、いつからかくも豪華になったのか。どんな意味があるのか。古代から現代に至る葬儀様式に鑑みて日本人の死生観の変遷をたどりつつ、いま激しく変わる最新事情から、葬式無用の効用までを考察。葬式に金をかけられない時代の画期的な1冊。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
5月23日
言語
JA
日本語
ページ数
151
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
999.2
KB

島田裕巳の他のブック