浮雲心霊奇譚 血縁の‪理‬

    • 2.0 • 1件の評価
    • ¥680
    • ¥680

発行者による作品情報

赤眼の憑きもの落とし・浮雲。絵師の卵・八十八。大ヒットシリーズ『心霊探偵八雲』のルーツを描く、幕末ミステリー。赤眼の憑きもの落とし・浮雲と絵師の卵・八十八のもとには、今日も怪異にまつわる不可思議な事件が舞い込んでくる。八十八が好意を寄せる伊織が、武家に嫁ぐことになった。想いを押し殺して彼女の縁談を祝福する八十八だが、その頃から伊織が雀の群れに襲われる心霊現象に悩まされるようになる――(コトリの理)。小間物屋のせがれが、夜な夜な怨霊を祀る神社へ通っている。相談を受けた浮雲は、別の心霊事件との接点を見出し――(御霊の理)。遊女を襲い、その血で絵を描こうとしたという絵師。常軌を逸した男が次に狙うのは!?――(血縁の理)。

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
3月18日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
673.5
KB

神永学の他のブック

2008年
2015年
2008年
2009年
2009年
2014年