渋江抽‪斎‬

    • 3.0 • 8件の評価

発行者による作品情報

「渋江抽斎」は明治・大正期の文学者、森鴎外の長編伝記小説。鴎外が「武鑑」の収集によって出会った弘前・津軽家の侍医であり考証学者でもある渋江道純の伝記を記述から始まる。そこから、抽斎、妻の五百への人間描写へと移り、人と人とのつながりを浮き彫りにしていく。歴史的な事実に迫りながら、そこに見える人間像に深みを持たせた本作は、鴎外の伝記文学の最高峰との声もある。

ジャンル
小説/文学
発売日
1920年
1月14日
言語
JA
日本語
ページ数
358
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
380
KB

森鴎外の他のブック

1889年
1913年
1920年
1919年
2015年
2017年

カスタマーはこんな商品も購入

1911年
1992年
1914年
1992年
1992年
1918年