発行者による作品情報

「ヰタ・セクスアリス」は明治から大正時代にかけて活躍した小説家、評論家、翻訳家である森鷗外の小説。「丁度好いから、一つおれの性欲の歴史を書いて見ようかしらん」。哲学者・金井湛(しずか)の性欲的生活(ヰタ・セクスアリス)の変遷を描いた面白「性」告白小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
1913年
7月1日
言語
JA
日本語
ページ数
104
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
90.7
KB

カスタマーレビュー

monseultresor1213

私は好きです。

森鷗外の作品と森鷗外自身も好きです。この作品は彼の性に対する芽生えと考え方が書かれています。けして卑猥なものではなく、真面目に、自分自身に湧き上がる感情と他者が性に傾倒する様など、なぜか?と真剣に向き合っているところが素敵だなと感じます。私自身も物事を深く考えてしまい、たわいのないことに対し、なぜかと疑問を持ってしまうため、共感と親しみを持てました。現実的にこんなに真面目な方にお会いしたことがないため、彼の様な方にお会いし、お話できたら楽しいだろうなと思います。

森鴎外の他のブック