発行者による作品情報

明治と大正時代日本の作家、森 鷗外(もり おうがい、1862年2月17日 - 1922年7月9日)は日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。この作品は底本の「雁」では新潮社 ›・全書籍としてまとめられている。初出は「新潮社、新潮文庫」1948(昭和23)年12月5日、1985(昭和60)年11月15日第76刷改版。

ジャンル
小説/文学
発売日
1915年
9月1日
言語
JA
日本語
ページ数
136
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
125.6
KB

カスタマーレビュー

たはゃはかさかもらなはなた

雁が最後に出てくるのがすごい(°▽°)

明治時代くらいの人なのに、最初はガンと関係ないお玉と岡田のはなし。最後に雁が出てきて、世の中って狭いものですね。的な文章が書いてあってそんな発想ができるなんてすごいと思いました。岡田が最後お玉と会える最後の機会を簡単な理由で辞めたのはひどいと思いましたが…

森鴎外の他のブック