• ¥600

発行者による作品情報

「日本資本主義の父」、渋沢栄一。武蔵国血洗島村の農家に生まれた栄一は、明治維新政府で大蔵省の骨格を作り上げた後、実業界に移り、日本資本主義経済の偉大なる確立者、指導者となる。日本初の株式会社、日本初の銀行、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)、東京商法会議所(現在の東京商工会議所)の設立など、その業績は枚挙にいとまがない。数々の業績を残して日本の資本主義を築いた渋沢栄一が、どのようにして偉人になりえたか、それを彼の前半生にさがして描き出す。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
10月23日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
964.5
KB

童門冬二の他のブック