漂流家‪族‬

    • ¥540
    • ¥540

発行者による作品情報

『珈琲屋の人々』シリーズが大好評の著者が、様々な家族の情景を切り取った短編集。娘を嫁に出す父親、自身の再婚と息子の問題で揺れる女性、不倫を清算したい会社員、食堂を切り盛りする女将と従業員の微妙な関係など8編を収録。もう一度、家族というものをゆっくりと考えたくなる。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016年
3月10日
言語
JA
日本語
ページ数
185
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1
MB

池永陽の他のブック

2012年
2015年
2018年
2005年
2021年
2009年