珈琲屋の人々 : 4 どん底の女‪神‬

    • 2.0 • 2件の評価
    • ¥760
    • ¥760

発行者による作品情報

避けがたい理由で人を殺してしまった喫茶店『珈琲屋』の主人・行介と、かつて行介の恋人だった冬子。ふたりの恋の行方を軸に、『珈琲屋』のある商店街に暮らす人々の苦しみや喜びを描いて人気を集めるシリーズ最新作。まさに“人間ドラマ”と呼べる7つの物語がつながる連作短編集。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
1月13日
言語
JA
日本語
ページ数
236
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
854.7
KB

池永陽の他のブック

2012年
2015年
2018年
2016年
2005年
2009年

カスタマーはこんな商品も購入

2020年
2022年
2019年
2019年
2020年

このシリーズの他のブック

2022年
2012年
2015年
2018年