無常の見方:「聖なる真理」と「私」の幸‪福‬

    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

◆宮崎哲弥氏(評論家)推薦!!◆


「無常」がいかに

ラジカルな世界認識か、

論じ尽くした希有の書。

仏教に関心を持つ

すべての人に勧められる

基礎論である。

------------------


生まれ落ちた瞬間から絶え間なく老いてゆくことが人生です。しかしその絶え間ない変化を、我々は見ません。物質も心も、一切の現象は一時的に成立しているにすぎません。存在は「無常」で成り立っています。何もかもが、瞬間瞬間違うのです。仏教では、物質は同じ速度で変化していくといいます。そしてすべての生命の心は、物質よりも速く、同じ速度で変化します。ブッダが発見した「無常」の本当の意味を明らかにして、日本人の無常観を根底から覆す、画期的名著。待望の新書化。


【本書の構成】

第1章「ある」から生じる大失敗

第2章それは「無常」ではありません

第3章悟らなくても役に立つ

第4章無常の世界の予測術

第5章死を認めれば幸福になる

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2009年
8月25日
言語
JA
日本語
ページ数
375
ページ
発行者
サンガ新社
販売元
CREEK & RIVER CO LTD
サイズ
2.2
MB

アルボムッレ・スマナサーラの他のブック

2008年
2012年
2010年
2008年
2013年
2013年