• ¥800

発行者による作品情報

守るべきは、母との情か、武士の名か。


ある旗本家で、酒に酔い暴れた主人が殺され、その妻と奉公人が逐電した――。

佐々木磐音は、南町奉行所定廻り同心の木下一郎太から相談を受け、弱冠十三歳の嫡男・小太郎の仇討ちに助勢すべく、逃亡先の上総へ。

母を見逃して助けるか、非情の処断で家を守るか。

心揺れる小太郎に、磐音がかけた言葉とは……。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
April 8
言語
JA
日本語
ページ数
336
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.4
MB

佐伯泰英の他のブック

このシリーズの他のブック