• ¥560

発行者による作品情報

「脳が死んでも体で話しかけてくる」
冷たい夏の日の夕方、25歳の青年が自死を図った。彼は意識が戻らないまま脳死状態に。生前、心を病みながらも自己犠牲に思いを馳せていた彼のため、父・柳田邦男は思い悩んだ末に臓器提供を決意する。医療、脳死問題にも造詣の深い著者が最愛の息子を喪って動揺し、苦しみ、生と死について考え抜いた最後の11日間。その日々を克明に綴った感動の手記。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
1999
6月10日
言語
JA
日本語
ページ数
282
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
575.5
KB

柳田邦男の他のブック