• ¥200

発行者による作品情報

「がん保険や医療保険は『安心料』としては高すぎる」「最近人気の外貨建て保険は実は貯蓄に向いていない」「国内の生命保険会社が国内外の保険会社の合併・買収(M&A)に積極的なのは自分たちのメンツを保つため」……。


身近なようでいて、一般にはあまり知られていない生命保険の仕組みや業界の建て前・本音に、生保に精通した執筆陣が迫った。かんぽ生命上場や国際資本規制の影響、合従連衡が予想される保険ショップの行方まで、業界の現状や課題をコンパクトに収録。


本書は週刊エコノミスト2015年11月3日号で掲載された特集「生保の正念場」の記事を電子書籍にしたものです。


目 次:


はじめに


・激しい「メンツ」「意地」の争い 海外の販路開拓にも本腰


かんぽ生命 圧倒的な販売網


・保険業法の改正 保険ショップの優勝劣敗進む


国際資本規制の波 負債も時価評価に


・生命保険の「ウソ」を見抜く 医療保険や貯蓄性商品は慎重に

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2015
12月25日
言語
JA
日本語
ページ数
21
ページ
発行者
毎日新聞出版
販売元
THE MAINICHI NEWSPAPERS
サイズ
4.4
MB

週刊エコノミスト編集部の他のブック

このシリーズの他のブック