• ¥730

発行者による作品情報

廃屋に閉じ込められた六人の高校生たち。あるのは僅かな食糧と、一通の手紙――。【私を殺した犯人を暴け】 差出人は真鶴茜。七年前の花火の夜、ここで死んだ恩人だった。

謎の残る不審な事故。だが今更、誰が何のために? 恐怖の中、脱出のため彼らはあの夜の証言を重ねていく。

児童福祉司だった茜に救われた過去。みんなと見た花火の感動。その裏側の誰かの不審な行動。見え隠れする嘘と秘密……この中に犯人がいる?

全ての証言が終わる時、衝撃の真実が暴かれる。



一気読み必至。慟哭と感動が心に突き刺さる――! 発売から大重版が続く『15歳のテロリスト』『僕が僕をやめる日』松村涼哉の、慟哭の衝撃ミステリーシリーズ、待望の最新作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
12月25日
言語
JA
日本語
ページ数
160
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
3.2
MB

松村涼哉の他のブック