• ¥950

発行者による作品情報

サイコ・ホラーの元祖と呼ばれる、恐怖と戦慄に満ちた傑作「砂男」。芸術の圧倒的な力とそれゆえの悲劇を幻想的に綴った「クレスペル顧問官」。魔的な美女に魅入られ、鏡像を失う男を描く「大晦日の夜の冒険」。E・A・ポー、バルザック、ボードレール、ドストエフスキーなど後世の作家に幅広い影響を与えたホフマン。怪奇と幻想、そして諧謔に満ちた作品群は、200年の時を超え、いまなお読者を魅了してやまない。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014
1月20日
言語
JA
日本語
ページ数
175
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
828.4
KB

カスタマーレビュー

白雪嬢。

好きです。

個人的には結構、好きな作品です。

ホフマン & 大島かおりの他のブック