発行者による作品情報

牧野 信一、1896年(明治29年)11月12日 - 1936年(昭和11年)3月24日)は、日本の小説家。神奈川県足柄下郡小田原町(現:小田原市)出身。自然主義的な私小説の傍流としてみなされることが多く、17年間の作家生活の中で珠玉の短編十数編を残して早逝したマイナー・ポエトといわれている。大学卒業後、同人誌「十三人」を創刊し、『爪』を発表する。この作品は底本のでは、恵まれた星の歌森からの挿話。

ジャンル
小説/文学
発売日
1936
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
8
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
13.2
KB

牧野信一の他のブック