• ¥880

発行者による作品情報

創陵(そうりょう)大学准教授の菅井は患者の黒い肉腫に啞然とした。エイズに酷似するウイルスが骨を溶かし数日で全身に転移、意識障害で死に至らしめる。あらゆる薬が効かず数カ月で日本中にこの「新型カポジ肉腫」が多発したが国は無策で人々は恐慌した。一方ウィーンで天才医師・為頼がWHOの関連組織から陰謀の勧誘を受ける。ベストセラー『無痛』の続編。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
8月5日
言語
JA
日本語
ページ数
484
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.6
MB

カスタマーレビュー

こがね♡

やっぱり面白かった!

「無痛」を読んでいたので続編が出たと知り絶対に読むと決めていました。医学の難しい単語が沢山入った文章が少し難しかったですが、ハラハラしながら読めてとても楽しかったです。

もやしもん12345

うはつ

jyajya

展開が・・・

最後まで飽きずに一気読みぐらいな感じで面白かったです

久坂部羊の他のブック

このシリーズの他のブック