純粋経済学要‪論‬

上巻

    • 5.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

『純粋経済学要論』は、1834年12月16日 - 1910年1月5日)、スイスのローザンヌ・アカデミー(後のローザンヌ大学)で経済学の教鞭を執ったフランス生まれの経済学者、レオン・ワルラスの作品。これは手塚 寿郎によって翻訳された本。この作品は1874年に上巻が、1877年に下巻が出版された。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
1957年
11月26日
言語
JA
日本語
ページ数
334
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
412.3
KB

カスタマーはこんな商品も購入

1928年
1938年
1952年
1931年
1951年
1930年