続・ロマンとそろば‪ん‬

ソフト会社CEOの独り言

    • ¥1,900
    • ¥1,900

発行者による作品情報

独立系ソフトウェア会社の創業者・CEOが、2018~22年に自社のメールマガジンに毎月連載したコラムをまとめた一冊。

ソフトウェア業界の黎明期から今日までのこと、自分の身の回りのこと、実際に体験したことだけを思うがままに綴った。


<人気コラムBEST 3>

No.1 『恵比寿の思い出』

高校三年生の夏休みに、都会に憧れて恵比寿の昆布屋さんでアルバイトしたときのエピソードをご紹介。


No.2 『僕の瞳は1万ボルト』

白内障の手術で取り戻した視力についてのお話。目の前の一つ一つの景色が鮮やかな色彩に覆われ、見下ろした大都会の風景は、言葉では言い表せないほど鮮やかだった。


No.3 『ホテルのような朝食を』

ダイエットの食事制限で1日の食事の量は、朝はたっぷり、お昼はかなり少なめ、夕食は普通と決めている。ボリューム満点のホテルのような朝食をご紹介。

【目次】

2018年(第53回〜第62回)

ホワイトデーを楽しむ

技術革新が変えるショッピング・スタイル

メロンの美味しい食べ方、教えます!

ラストワンマイル

銀行員の憂鬱

お盆に考えたお墓事情

実を捨てて名を取った老舗ブランドメーカー

Happy Birthday to me!!

私の音楽遍歴

去勢されたボンド


2019年(第63回〜第74回)

伝説のロックバンド「クイーン」

レジ袋に包まれる地球

徒然なるままに平成最後を想う

キャッシュレス狂乱時代

令和はサブスク時代

「おしん」に泣いた!

追っかけ「孤独のグルメ」

あなたならどうする~♪

若者よ、選挙に行くな‼

#Ku-Too

ラグビー型の社会「ONE TEAM」

居場所が見つからないフィットネスクラブ


2020年(第75回〜第86回)

サザエでございま~す

いけ好かない奴

奥方の通販生活

こんな時こそ

ご飯論法

エッセンシャルワーカー

記憶にございません!

僕の瞳は一万ボルト

日々新たなり

ホテルのような朝食を

花を飾ろう

60年刺さった棘


2021年(第87回〜第98回)

誰がこんな世の中を想像しただろうか?

ねずみ大根蕎麦

COCOA虫

夢は相撲力士だった

週休三日制

「てっぱつ」な偉人

人のふり見て我がふり直す

十七年目の引っ越し

恵比寿の思い出

デジタル遺産

シルバー民主主義の崩壊

電子立国の衰勢


2022年(第99回〜第100回)

私のお気に入り

快なり、快なり、快なり!

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2022年
6月8日
言語
JA
日本語
ページ数
203
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
5.6
MB

高橋 啓介の他のブック