• ¥300

発行者による作品情報

『老人と海』(ろうじんとうみ、The Old Man and the Sea)は、アーネスト・ヘミングウェイの晩年の海洋小説。1951年に書かれ、1952年に出版された。名作とされて世界的なベストセラーとなり、ヘミングウェイの1954年のノーベル文学賞受賞には、この作品によるところが大きい。

作品の着想は、キューバの首都ハバナから東に7km行ったコヒマル(英語版)(西: Cojímar)という漁港の漁師の話から得た、巨大なカジキを釣り上げた老漁師の実話から得たという。ヘミングウェイは、釣りボートが嵐で遭難しかかってその港にたどり着いた事があり、頻繁にここを訪れていた。悲劇的なストーリーには厭世的な晩年の心境も反映しているものと見られる。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
3月27日
言語
JA
日本語
ページ数
137
ページ
発行者
Books Pub
販売元
KONSTANTIN FAMARSKII
サイズ
2
MB

カスタマーレビュー

runrenran

あとがきがためになる

すごいおじいさんだなあと思って、読み終えたあと後書きを読んでなるほど、と。今を余すとこなく描いていて、爽快感がわく。

アーネスト・ヘミングウェイの他のブック