肩甲骨は閉じない、寄せない 開いて使う‪!‬

体幹が安定して動けるカラダに変わる

    • ¥1,400
    • ¥1,400

発行者による作品情報

本書では、カラダをラクに、スムーズに動かすための肩甲骨の使い方、そのトレーニング方法を伝授します。一般的に肩甲骨は閉じること、寄せることがよいとされ、特にヨガやウォーキングでそう指導されるケースも多いようですが、肩甲骨は開いて使うのが正解。肩甲骨が開くと、肩関節や胸郭の可動域が広がると同時に、肩のポジションも安定。腕の動きを体幹に伝えることができるようになり、スポーツのパフォーマンスを高めることができます。主役はわきの筋肉「前鋸筋」。前鋸筋が「使える」ようになると、体幹トレーニングの効果が高まり、下半身の安定にもつながります。本書では、肩甲骨を開いて使うための練習プログラム、それを体に定着させるためのプログラム、目的別の肩甲骨ワークを紹介。全トレーニングは、QRコードからアクセスして動画を確認することができます。※本電子書籍に掲載されている情報は原本刊行時点のものです。紹介されている動画などは予告なく終了する可能性がございます。予めご了承ください。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2020年
2月26日
言語
JA
日本語
ページ数
136
ページ
発行者
PHP研究所
販売元
PHP Institute, Inc.
サイズ
148.3
MB

柴雅仁の他のブック

2020年
2019年
2019年
2021年
2019年
2019年