花影 花影

花‪影‬

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥440
    • ¥440

発行者による作品情報

女の盛りを過ぎようとしていたホステス葉子は、大学教師 松崎との愛人生活に終止符を打ち、古巣の銀座のバーに戻った。無垢なこころを持ちながら、遊戯のように次々と空しい恋愛を繰り返し、やがて睡眠薬自殺を遂げる。その桜花の幻のようにはかない生に捧げられた鎮魂の曲。実在の人物をモデルとして、抑制の効いた筆致によって、純粋なロマネスクの結構に仕立てた現代文学屈指の名作。

ジャンル
小説/文学
発売日
1978年
7月25日
言語
JA
日本語
ページ数
184
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
510
KB

大岡昇平の他のブック

野火 野火
1954年
野火 野火
1970年
恋愛論 恋愛論
1970年
事件 事件
2014年
俘虜記 俘虜記
1967年
武蔵野夫人 武蔵野夫人
1953年